さくらミント@神竜

さくらミント@神竜

Shinryuで開催されたマクロ演劇を見にいきました。
2日のイベント募集は短時間でいっぱいになったと聞きます。

マクロ演劇はとても気になっていました。
一度は見てみたい。
お話には聞くけど、実際に見るとどう見えるんだろう。
すごく楽しみでした。
目覚ましをセットしてゲームをしたのは久しぶりな気がしますw


おめかしをして劇場へと向かいます。
開宴前
そこはLハウスの地下1階を改装して作られた劇場でした。
開場と同時に向かったのですが、すでに大勢のギャラリーが来ていました。
大きい種族の方は、後ろで立ってくれています。
嬉しい心配り。


まずは、今回の主催者から見るに当たっての説明が始まります。
事前説明
見るにあたりおすすめの設定だったりお願いだったり。
映画泥棒みたいです。

いつもバトルエフェクトを切ったりしているので、こういうのは重要です。
ここからもう、マクロ演劇が始まっています。
おお、こういうのか!なるほどなるほど。と感心です。


いよいよ暗転し演劇がスタートします。
演劇スタート
最初の説明でのマクロ演劇はあくまでもさわりでした。
本編が始まると、エモートだけでなく照明や音楽が上手く演出され、最初の驚きを軽く超えてきます。
これはすごい!

見入る皆さん
見入る観客
観賞用LSも配られているので、そちらでも会話があります。
少し実況をしている気持ちになったのは、わたしだけでないはずw
すごく楽しい。

気付けば、あっという間に終了です。
スタンディングオベーション
ほんと凄かったです。
エモートと台詞と音楽と照明
ここが上手く絡まって、とても素晴らしい仕上がりでした。


これすごく可能性を感じます。
もっと広がって色々なアイデアを見てみたい。
出来るならば、そういう劇場スペースができて、表示限界を増やすとか鯖を超えて鑑賞とかならないかな。


今回のイベント関係者皆さんに敬意を表します。
記念撮影
ありがとうありがとう。

また見れたら嬉しいな。
皆さんも、そんなイベントを見つけたら飛び込む事をお勧めします。
FF14の可能性を感じるイベントであることは間違いないですよ。
 

スポンサーサイト
最終更新日2017-05-15
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply